こどもの国の1年間

2月
4月は1年で最も山が鮮り豊かになる季節です。
この新緑の淡い色を「もえぎ色」といい、「萌える」という漢字を使います。もともと、新芽が芽吹くことを「萌える」と表現するので、もえぎ色と呼ばれます。
ヤマザクラ等が先、こどもの国に本格的な冬の訪れを感じさせてくれます。
こどもの国の4月
2月の様子
2010年4月のダイナミック広場です。
広々とした芝生広場。
小春日和の気持ちの良い空間で
思いっきり遊ぶ来園者が多く来ています。
周りの山々は新緑でやわらかい色合いで
とても綺麗な景色が広がっております。

春祭りの様子

春祭りには県の名産品の販売も行います。
群馬県にある名産がこどもの国に集まります。

ご飯、お弁当~デザートまで品ぞろえも豊富です。是非一度ご賞味下さい。


ますのつかみ取り

春祭りにはこどもの国の人気イベントであるマスのつかみどり大会も行われます。子どもたちが一斉にマスを捕まえます。(現在は中止とさせていただいております。)

最初はうまく捕まえられないのですが、端に追い詰めて捕獲するなど頭脳プレーを使う子供もいればど真ん中で鷲掴みにするワイルドな子供もいます。